受精確認と凍結

採卵の翌日、受精結果の確認に行きました。

採卵数は6個でしたが全てふりかけ(体外受精)で行ったとのことでした。


結果、3個受精してくれていました!

他の3個は受精しなかった、精子が2つ入りこんでしまった、未成熟卵だったという理由でダメになってしまいました。

受精した3個の卵はこの時点での受精卵の状態としては成長が少し早いようで、あまり期待できないかもしれない。それを鑑別するために胚盤胞まで育ててみるとのことでした。
もしうまく育ってくれたら全て凍結して、今は内膜が薄いので移植は別周期にという方向になりました。

この日のお会計は15万超えです!さらに5日後に受精卵の経過を確認しに診察に行くことになりました。

そして数日後、再び診察に向かいました。

私のエコーの結果は卵巣の腫れが少しあるようですが、このまま様子見で良いとのことでした。

肝心の卵についてはグレード3ABと4BAの2つを凍結できました、と言われました。グレードについての説明もありましたが、病院によって異なると思いますので説明は省略させていただきます。

先生いわく、良い卵ができたよ〜、このグレードの卵は妊娠率50%くらいあるからね、とのことでした。

次生理が来たらホルモン補充周期で移植を行う予定でしたのでバファリン、ユベラ、エストラーナテープをもらって帰りました。

この日のお会計は11万ちょっとでした。

しかし、以前の記事に書いたようにこの後の甲状腺の定期検診で数値に異常が見つかり、移植が中止になり、実際に移植を行うのはだいぶん先の話になるのです。詳しくは甲状腺のことに書いてあります。

タイトルとURLをコピーしました