胞状奇胎後の生理が来るまで②

2018年10月26日

術後11週。本当は翌週診察の予定だったのですが旅行に行くため早めてもらいました。hCG < 0.2で測定下限値を下回ったので陰性となり、エコーでは内膜が生えてきてるよーとのことでした。そろそろ生理くるかな?

11月5日

おりものに血が混じっていました。生理痛のような感じもあるし、これは生理なんだろうか?風邪をひいていたこともあって基礎体温は測っていませんでした。

出血が増えるかと思ってナプキンをつけていたけど、全く増えず。トイレで拭いた時に少しつく程度でした。結局血が付いたのはこの日だけで、翌日はまた先月と同じようにお腹の張りと下腹部痛だけがありました。

先月の下腹部痛から数えると35日目。まだ普通の生理は来ないのかー。

11月27日

1ヶ月ぶりの診察です。hCGは0.2以下で測定不能、経過良好です。

先日の少量の出血の話をしてみたらエコーで見てみましょうとのことで内診台へ。いつものように触診とエコーをしたあと、消毒して何やら器械を入れられました。生理痛のような鈍痛があって、もう一度エコー。さらに同じ処置を繰り返す。お腹痛いのを我慢すること1分くらい?長く感じたけど多分それくらいだったと思います。最後に抗生剤を入れてようやく終わり。

診察室に戻って処置についての説明がありました。「掻爬したあとに子宮内がくっついて経血がお腹に逆流してしまう人がいる。なので今器械をいれて子宮内を探ってみたが、おそらく大丈夫と思う。」とのことでした。私は内心、それこの前私が聞いたやつー!今さらかよ、と思いながら聞いていました(笑)内膜も9mmくらいあるらしく、生理が来そうな感じだけどなーと言わました。

基礎体温は適当にしか測ってないけど高温期に入っているようなので、おそらくあと1週間くらいで体温が下がる予定。次はちゃんと出血してほしい。

12月2日

前日からうっすら出血があって、この日少し量が増えました。といってもトイレで拭いた時に付くくらいでまだナプキンに付くほどではありません。でも先月よりは多いようです。生理痛もあるし。

…その後しっかり出血し、4ヶ月間待ちに待った生理がようやく来ました!いつもより量も多めでした。とても嬉しかったことを覚えています。

本当に色々調べても術後こんなに生理が来ない人はいなかったのでとても不安でした。今不安に思われてる方がいらっしゃったら私みたいなこともあるので参考にしてください。

生理の量は手術前よりすごく少なくなってしまいました。内膜が薄いのでしょう。人工授精や体外受精でクロミッドを使うことが多くて、その副作用で内膜が薄くなっている可能性もあるかもしれませんが、ホルモン剤を飲んでも7mmくらいまでしか厚くなりません。

でも私はクロミッドの副作用だけではなく、掻爬手術の影響で内膜を作るための細胞が減ってしまうこともあるとネットで見たことがあるのでそれもあるような気がしています。体外受精を続けるにあたり、内膜を厚くすることが課題になってきています。


こちらのブログでも順次記事をアップしていく予定ですが、アメブロにも今までの治療の経過を載せていますので続きが気になる方はご覧ください。アメブロへ


タイトルとURLをコピーしました